金物の祖神を祀る三木金物神社で、金物産業の隆昌繁栄を祈願する神事と、神社より御神火をいただき、御番鍛冶(のみ)による火入れ式(古式鍛錬)を行う。
古くなった刃物供養も行う(受付は11月3・4日の三木金物まつり会場で)。