大工道具の歴史を1品ずつご紹介します。
第3章は、鑿です。
 
金物資料館はこちらまで